2015年03月17日

公開医療学習会(2)

脳卒中は、今でこそ、日本人の死因としては第4位ですが、要介護、寝たきりの原因としては第1位です( ̄□ ̄;)!!
なってしまうと後遺症が大変…
つ・ま・り、予防も大事!
こちらも配布された資料ですが、脳卒中予防10か条が記されています。
 
 
脳卒中の背景には生活習慣病が…生活習慣を見直し、脳の血管を長持ちさせましょうp(^-^)q
血圧は朝と夕方の1日2回、体重も毎日測りましょう、高血圧の薬をのんでいる方は、受診と内服は継続し、自分の判断で薬を止めないで下さい、などのお話がありました。
個人的には、自宅に血圧計があるていう方がほとんどだった事に驚きましたΣ(゜ロ゜;)!!
 
 
 
↑↑↑最後の質問コーナー
質問が相次ぎ、皆さんの関心の高さが如実に…司会の石倉さんもまとめるのに四苦八苦(;^_^Aフキフキ
時間をかなりオーバーしての閉会となりました。
帰り際、皆さんからは、
「楽しく学べた。」
「わかりやすかった。」
「勉強になりました。」
などの声がきかれました。
 
馬場彰一先生、ありがとうございました(^^)/~~
 
posted by 医療班 at 12:29| Comment(0) | お知らせ&報告

公開医療学習会(1)

3月15日(日)10時〜
富山県聴覚障害者センター大研修室にて、公開医療学習会がありました。
 
講師は、済生会富山病院の集中治療室勤務、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の馬場彰一氏。
テーマは『脳卒中について〜自分でわかる、まわりが気付く、脳卒中の症状〜』
 
30人近い参加者が集まりました。
開始前に、参加者ひとりひとりの身長・体重から、馬場講師にBMIの計算と血圧測定をしていただきました。
 
開始時刻を少し過ぎての学習会スタート
 
 
まず、脳卒中は、脳の“血管”の病気で、脳の中の血管がやぶれる『脳出血』、血管にできたこぶ(脳動脈瘤)から頭蓋内全体に出血する『くも膜下出血』、脳内の血管がつまる『脳梗塞』の3つがある、というお話がありました。
脳卒中と高血圧は直結していて、塩分を多くとる習慣のある日本人は脳卒中になりやすいそうです{{(>_<)}}
そこで、当日、配布されたこちら↓↓↓
 
 
講師いわく、毎日の食事を計って作るのは、とても大変なので、このレシピどおり作ったものを食べてみて、このくらいか…という事をわかってもらえたら…と。なるほど、それならできるかも(゜-゜)(。_。)うん
 
続いて、脳卒中の症状について
よく言われる≪突然の激しい頭痛≫は『くも膜下出血』に特有のもので、『脳出血』『脳梗塞』では頭痛が無いことが多い、斜めに歩いているくせに「大丈夫、大丈夫。」と言って仕事に行こうとするなど本人が一番気づいていない、などなど。いろいろあってわからない…そんな時、
 
富山弁でできる脳卒中3つのチェック \(o ̄∇ ̄o)
(1)「ニコッとしてみられ」
右と左の頬の上がり方など左右の表情が違っていませんか?
(2)「ちゃんと両手あがっけ?」
手のひらを下に向け、両手を前方に肩の高さまで…
手が上がらない、すぐに下がってしまうなど、片方だけ違う動きをしていませんか?
(3)「名前と住所を言うてみられ。」言葉がでてこない、呂律がまわらない、町名までは言えるけど番地がでてこない、など。
(1)は顔(2)は手(3)は言葉のチェックですが、(3)は、平仮名は書けるのに漢字は書けないなど、書くことでもチェックできます。
(1)(2)(3)のうち、どれかひとつでも該当したら、発見した時刻を確認→すぐに救急車!!!ご近所の目など気にしている場合ではありせん、時間との勝負です!
 
続く…
 
 
posted by 医療班 at 12:28| Comment(0) | お知らせ&報告