2017年12月13日

第20回医療フォーラムを開催しました。

12月10日(日)10時〜富山県聴覚障害者センターにおいて
「第20回医療フォーラム」を開催しました。

今回のテーマは
「聴覚障害者が行きやすい病院とは、どんなところ?」

「看護師グループ」「臨床検査技師グループ」「歯科衛生士グループ」の3つに分かれて、自由に話し合いました。

医療従事者、聴覚障害者、手話通訳者、手話学習者が各グループに分かれ、それぞれの立場から意見を出し合います。

さあ、グループワーク開始です。
まずはテーマから。

<臨床検査技師グループ>

まずは困り事と現状を付箋紙に書いていってま~す。<臨床検査技師グループ>


<歯科衛生士グループ>

付箋紙がたくさん貼られていますね。こちらは<歯科衛生士グループ>


<看護師グループ>

こちらも書き込むことがたくさんあるようです。<看護師グループ>


 <話し合い終了>

それでは発表してもらいましょう。まずは<臨床検査技師グループ>から。
<臨床検査技師グループ>

<臨床検査技師グループ> テーマ:「検査時のコミュニケーション方法」

<歯科衛生士グループ>

<歯科衛生士グループ> テーマ:「困ったこと、不便なこと、その解決方法」

<看護師グループ>
<看護師グループ> テーマ:「病院に行ったときの困ったことと対応策」


最後にグループごとに記念撮影

<臨床検査技師グループ>
<臨床検査技師グループ>



<歯科衛生士グループ>
<歯科衛生士グループ>



<看護師グループ>
<看護師グループ>


それぞれの立場からたくさんの意見を聞くことができた今年の医療フォーラム。
私たちも医療機関の現状を知る良い機会となりました。

医療機関と私たちが一緒に話し合う機会はなかなかありませんが、それぞれが自分たちだけで解決を模索するのではなく、お互い情報を出し合い共有し、現状を知った上で解決方法を見出していくことが大切ですね。
posted by 医療班 at 21:36| Comment(0) | お知らせ&報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: